スポンサーリンク

リスク管理ができない人はトレードしてはいけない

トレードしながらでもリスク管理は絶対覚えるべき

画像5

FX取引では、新規参入者でいきなりレバレッジを上げて、取引枚数も増やして、多大な損失を出すケースがとても多い。その逆に、レバレッジを低く設定し、取引枚数も抑えることで、勝ち続けているトレーダーが数多くいる。
あたりまえのことだが、なぜかハイレバレッジ取引を好むチャレンジャーがあとをたたない。そうした人が入れ替わり立ち代り為替相場が動いている。
レバレッジを限りなく低くおさえ、取引枚数も1枚ごとに増やせばいいのである。長期的には、それが多くの為替差益を得ることになるからだ。負けた場合をまず想定して、損失を少なく抑えるのがトレードの王道である。
FX取引では、リスクを負えばその分リターンが増える可能性はほぼないと断言できる。なぜならリスクとは、損切りまでのラインだからだ。相場は常に上下の波がある。上昇すれば、下落する。これが分かっているのにリスクを負うのはナンセンスでしかない。

スキャルピングなどで、損失コントロールをするならわかるが、FXトレードで、破滅的なリスクを負うなど、ギャンブル以外の何物でもない。リスクを抑えればリターンが少なくなるというのも単なる短期目線でしかない。リスクを抑えながらも長期的にはハイリターンが望めるのに、なぜかそうしないトレーダーの話がちまたにあふれている。
ハイリスク・ハイリターンのギャンブルならいいだろう。

短期的にはローリスク・ローリターンでも長期的にはハイリターンになるトレードを志向すればいいのである。
ハイリスクトレードは論外として、ローリスクの場合も、しっかりとリスク管理を行わないと5%以上の損失を引き起こさないとも限らない。

FX取引ではリスク管理は食事をするのと同じように当たり前のこととして考えなければならない。

タイトルとURLをコピーしました