FXのスキャルピング

FXのスキャルピング

FXのスキャルピングで注意すべきこととは?

スキャルピングには、基本的なテクニカル技術ととっさの判断力が必要だ。ここではスキャルピングに関する基本的なことを書いているので、これからスキャルピングを行いたい方は一読をおすすめする。
FXのスキャルピング

ボリンジャーバンドを使ったFXスキャル方法

本原稿ではFXトレードにおいて、5分足のボリンジャーバンドでスキャルピングをする方法を解説します。スキャルでなかなか成果が安定しない人。これからスキャルピングをやってみたい方におすすめの内容です。
FXのスキャルピング

GAMMA(複合型移動平均線)の1分足スキャルピング

収束と拡散の果てに勝利あり はじめに GAMMA(Guppy Multiple Moving Average)は12本の指数平滑移動平均線(EMA)を一度に表示するトレンド系のテクニカルテクニックです。今回はGAMMAを使用し...
FXのスキャルピング

SBI FXでスキャルピングをやめた2つの理由

本記事では、SBI FXでスキャルピングをやめた理由を説明します。SBI FXの口座を持っていてスキャルピングをしようかどうか迷っている方の参考になればと考えています。
FXのスキャルピング

FXスキャルピングの1分足手法5選

本コラムでは、筆者がこれまで実際に使用してきた1分足のスキャルピング手法を5つ紹介します。FXを始めてすぐに試して手法から本を読んで応用した手法、ネットの記事を自分なりにアレンジした手法です。
FXのスキャルピング

FXのスキャルピングとは?勝つための最低条件を知る

本原稿は、FXの初心者向けに、FXスキャルピングのトレードに関わる注意点について解説します。スキャルピングとは、数秒から数分程度の短時間のトレードを繰り返す手法です。トレード回数を増やすことで1ピップス(または銭)程度の小さな利益を積み重ねます。
FXのスキャルピング

FXのスキャルピングはシンプルが一番です

平均足を使った1分足のシンプルなスキャルピング手法を解説します。この手法は15分足で環境認識をして、200emsで方向を確認してエントリーする方法です。シンプルですが、最低限の環境を読み取ることは必要です。
FXのスキャルピング

スキャルピングの通貨ペア選びは、通常時のスプで決めちゃダメ!!

スキャルピングの通貨ペア選びについて解説している記事です。スキャルピングを行う際は、スプレッドが小さい通貨ペア、約定が早いFX会社でトレードするのが大原則です。しかし、それはトレードする時間帯、ボラティリティに左右されます。
FXのスキャルピング

スキャルピングに適した時間帯は視覚化チャートで!

FXのスキャルピングに適した時間帯について説明しています。その時間帯は相場の重なりとして注目すべき東京とロンドンの16-17時、ロンドンとニューヨークの21-23時です。またこの時間帯は、それまでの動きと異なる場合もあり、トレンドを見極めるにも適しています。
FXのスキャルピング

スキャルピングの損切り幅と損切り方法を解説

この記事は、スキャルピングで成果が出せない、損切りをためらって、コツコツドカンをやってしまうなど、損切りに対する考え方が明確でない人やトレードのクセを改善したいと考えている方のために、具体的な損切り幅など実践的な内容を書いています。
FXのスキャルピング

スキャルピングの環境認識とは? 10秒足と30分足で細かく刻む(2)

スキャルピングの環境認識はどのように行うのか説明する。基本は30分足のチャートのウォッチングだが、1時間足、4時間足の主要なラインはチェックするのが基本だ。
FXのスキャルピング

スキャルピング手法 10秒足と30分足で細かく刻む(1)

この手法は、JFXの10秒チャートを使ったスキャルピングトレードだ。FXを初めて間もない方でもわかりやすい手法だといえる。10秒の移動平均線のタッチアンドリバースを狙うもので、トレンドが出ているときにかなり効果を発揮するからだ。1-2時間のトレンドが続くけば、うまくいけばドル円などでは10ピプスは獲得可能だと考えられる。
タイトルとURLをコピーしました