スポンサーリンク

FXトレードではストップロス注文(逆指値)が必要

fxのストップロスの重要性

ストップ設定(逆指値注文)が資金の全損を防ぐ

FX取引は、ストップ設定(逆指値注文)が資金の全損を防ぎます。思いもよらぬ大暴落でも損失を限定するからです。

例えば、2007年2月の中国株式市場の暴落を発端にした世界的な株価大暴落で、為替市場は大きな影響をうけクロス円は軒並み暴落しました。8月になるとアメリカのサブプライムローン問題が表面化し、為替市場は2月の暴落を上回るほどの一気に大暴落になりました。そして、10月後半に為替市場は3度目の暴落を引き起こしたのです。

その余波はその後も続き、2007年年末〜2008年初めまでに為替相場は再び暴落に見舞われたのです。この変動の激しい為替相場は2008年も続き3月、10月と2回もの大暴落に続きます。

さらに、2010年からは、欧州危機により歴史的な円高が進行し、ロングポジションを持っている多くの方が壊滅的な打撃を受け、2011年3月の東日本大震災後にはアップダウンの激しい大暴落が起こりました。

為替市場では、何度となく暴落に見舞われ、その結果、多数の方が為替市場から退場せざるを得ない状況になってしまいました。

FXトレードではストップロス設定が重要

2007年〜2011年の大相場のなかで、なぜ多数の人が為替市場から退場してしまったのでしょう。それは含み損があっても決済しなければ損失が確定しないからです。そして、強制的に決済されるまで保有することによって資金を減らしてしまいます。また、多大な含み損を抱えていれば毎日毎日為替レートが気になり、夜も眠れないなどの精神的な問題も引き起こします。

ポジションを持った場合には自分の損失許容量の範囲内で必ずストップロス注文(逆指値)を入れるは最低限のルールです。FXトレードでは利益を決めることはできませんが、損失額は自分で決めることができます。

タイトルとURLをコピーしました