スポンサーリンク

FXは自己責任を認識するからトレードが上達する

FXは自己責任を認識すること

FXトレードは自分の意思に基づいて行う

FXトレードは、自分の考えで新規注文や決済注文を行う自己責任の投資です。

FX会社やネットニュース、各種新聞などで為替相場に関する情報やコンサルタントの指南など、さまざまな複合的な情報を活用してトレードを行います。しかし、そのような情報を活用しようとも、第三者は、あなたのトレード結果に対して責任は持ちません。

FXトレードは全て自分の責任=自己責任で行う必要があるのです。

自己責任を心に留めるとFXはトレードが上達する

FXトレードだけに限らず、投資に関する株取引やオプション、先物取引なども含めて全ては自己責任の世界です。FXトレードは資金はもちろん、FX会社のスプレッドやスリッページなどの必要経費も負担します。さらにFX会社の取引システムダウンなどの不測の事態も含めてトレーダーの自己責任になるようにFX会社では免責事項として定めています。

米雇用統計などの経済指標の発表時や地震や戦争などの地政学的リスク発生する場合には、スプレッドが拡大したりスリッページが大きくなったりします。このような場合でも、あらかじめ事態を盛り込みます。もちろん、不測の事態が起こりそうな時はトレードをしないこともトレード戦略といえます。

現在FXトレードを行っている方もこれからFXトレードを始めるFX初心者の方も、FXトレードでの結果は全て自己責任であることを意識することが大事です。

なぜならFXで上達するには、自分のトレードを振り返り、すべてを反省点とすることが基本になるからです。相場が悪い、ニュースに踊らされた、変な情報商材を使ったせいだ、などと他人の責任にしていては決してトレードは上達しません。

タイトルとURLをコピーしました