スポンサーリンク

FXトレード分析にはテクニカルとファンダメンタルズが必要

FXトレード分析にはテクニカルとファンダメンタルズが必要

はじめに

FXトレードを始めるには、少なくともテクニカル分析を覚え、できるならファンダメンタル分析の知識も身に付けたいところです。ファンダメンタルについては、チャートは全てを含むという言葉がある通り、重要な発表や経済動向だけでいいというトレーダーがいます。今回はそんなテクニカル分析とファンダメンタル分析の概要について説明します。

■2万人がDLした話題のFX投資レポートが丸ごと無料(期間限定)
▼FX投資マスターガイド(図解オールカラー128ページ)
こちらからダウンロード

■テクニカル分析とは

テクニカル分析とは、チャートから過去のトレンドやパターンなどを把握し、今後のレートを予想する分析方法です。チャートは取引の結果を表しているので、過去の似たようなパターンを参考にすれば、同じようなパターンが出現したときに今後の予測が立てられると判断します。

テクニカル分析では、ローソク足以外にも移動平均線、ストキャスティクス、RSI、MACDなどレートをチャートとは違った形で表現するツールを使用する場合があります。

テクニカルツールには、それぞれに独自の特徴がありこれからのテクニカルの特徴を組み合わせる分析方法もあります。

JFX に口座を持てばドル円やユーロ円、ポンド円のエントリーポイントがわかる
スキャルピングやデイトレードの情報がいっぱい
今すぐチェック→MATRIX TRADER

■ファンダメンタルズ分析とは

ファンダメンタルズ分析は景気動向、金融政策、財政政策などの変化が市場全体に及ぼす影響を分析するものです。短期的な影響、中長期的な影響などファンダメンタル分析には市場に応じた視点も必要になります。株式投資などではファンダメンタル指標があり、最近ではインターネットを通じて個人投資家でも入手できます。

FXトレードではポジションを持っている、あるいはこれからポジションを立てようとする通貨の該当国やつながりの強い国の経済ニュース、紛争や大規模自然災害などの各種ニュースを分析して売買のタイミングを計ります。

■初心者トレーダーはどうすればいい?

初心者がファンダメンタルズ分析を行うのは容易ではありません。中には数年にわたって影響することもあるからです。

デイトレードを中心にする初心者の場合は、いくつかのテクニカル分析を身につけつつ、重要な指標による影響を考慮して、相場の動きや各通貨ペアの動きの把握してから本格的にファンダメンタルズ分析に取り組まれてはいかがでしょうか。もちろん、長期的にトレードする場合は、ファンダメンタルズ分析を先に身につけるのが好ましいといえるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました