スポンサーリンク

FX投資の基礎知識|初心者向けのFX全入門

はじめに

為替相場の天井や底を捉えるトレード手法は、もっとも理想的な相場対策といえるがもっとも現実離れしているトレード手法だともいえる

なぜならトレーダーが利用する時間足は人によって異なり、かつ相場はファンダメンタルの影響を受けることからも個人的な表現以外に、全てのトレーダーに通じる手法とはいえない。

チャートの天底は時間足で異なる
分足でトレンドだっとしても時間足ではレンジということが普通にある

例えば、上のチャートは4時間足であるが、5分足や15分足などの短い足でトレードしている人にとってはそれぞれ天底になる場合がある。

■2万人がDLした話題のFX投資レポートが丸ごと無料(期間限定)
▼FX投資マスターガイド(図解オールカラー128ページ)
無料→ こちらからダウンロード

JFX に口座を持てばドル円やユーロ円、ポンド円のエントリーポイントがわかる
スキャルピングやデイトレードの情報がいっぱい
すぐできる口座開設→MATRIX TRADER

「頭と尻尾はくれてやれ」「もうはまだなり まだはもうなり」

頭と尻尾はくれてやれ
FXは決済したところがベストポイントと心得よう

株取引の世界では、「頭と尻尾はくれてやれ」「もうはまだなり まだはもうなり」という言葉がある。為替相場でも同様のことが言われている。「頭と尻尾はくれてやれ」天井や底でエントリーや決済することは容易ではないから「気にするな」という意味だ。「もうはまだなり まだはもうなり」は、もうそろそろ天井(底)だろう、まだ天井は先だ(実は天井だった)という思い込みは裏切られるという戒めだ。

これからトレーダーとして収益を重ねてゆくなら「頭と尻尾」「もうとまだ」捉われることなく淡々とトレードしよう。
なぜなら収益化の最大を狙いすぎていると肝心の決済ポイントを逃してしまい、含み益から含み損になりかねないからだ。含み益から含み損になるほど悔しいことはない。
結果として、またレートが回復するのではないか?ととらわれて、損切りすべきポイントを通り過ぎて、強制決済にいたり、大きな損失を出すことさえあるから注意が必要だ。

FXは我慢比べの側面がある

FXは我慢比べ
FXはまさに山あり谷ありなのだ

ポジションを持っている場合はもちろんポジションを持っていない場合でも焦ることはないだろうか。
ポジションを持っている場合は、損失を出したくないために早く利益を確定させたいと思い通常よりも早すぎるタイミングで決済する。またポジションを持っていない場合は、早くポジションを持ちたいというポジポジ病におかされることがある。FX取引を始めた当初は、誰もが経験する感覚だ。
もっとも、FXトレードは、極端にいえば為替チャートの中に稼げるポイントがいくつもあるので、より多くの為替差益を稼ぎたいという人は我慢しきれずにトレードしてしまう場合が多々ある。これはスキャルピングなどの手法は除き、決してよい方法とは言えない。

エントリーポイントまで待つのが基本

エントリーポイントまで待つ
トレードは直感ではなく、根拠が大事

FXトレードで早く収益を得たいという気持ちは分からなくはない。エントリーポイントまで待てずにトレードしてしまうこともあるだろう。だが、トレードでは焦ってもよいことはない。
損失を防ぎたいために早めに利益を確定させることはある意味では、悪いことではない。しかし、早すぎる決済は、時として損失にも繋がってしまう可能性があるのだ。例えば、一旦決済したにも関わらず、まだ、思惑の方向に進んでいるチャートを見て、再度エントリーした途端に逆行する場面だ。
また、いくらノーポジションだからといって、通常のエントリーポイントよりも早めにエントリーすると、うまく行く場合があるかもしれないが思惑とは反対方向へ行くのは決して稀ではない。

為替相場は24時間動いている

為替相場は24時間動いている
今しかないと思いながらトレードすると先が見えない

為替相場ではどのような手法でもエントリーポイントにレートが来ないことが少なくない。というより、エントリーポイントは、そう簡単には来ないもだと考えた方がよい。もちろん、為替相場の動きにもよるので、日足レベルでトレンドが発生しているような状態では、毎日のようにエントリーポイントが発生する。逆に値幅が小さなレンジ相場では、数ヶ月もトレードをしづらく感じる日が続くこともあるのだ。
だからFXトレードは、長期的な計画で考え、焦らずにエントリーポイントを待つことが重要だ。
為替相場は、なにも今日、明日終わるという訳ではない。FXトレードで、焦りは禁物だ。

FXトレードでは相場の流れを見ることが必要

為替相場は基本的にクリマスや元旦などの特別な休日と土日を除き24時間動き続けている。月曜日の朝に始まり、土曜日の朝に終わる、これを為替相場は繰り返している。
そして、これだけ長時間動いている為替相場なので、大きく動く時間帯もあれば、あまり動かない時間帯もあるのだ。FXトレードは世界中で行われているので、各国のトレーダーによる動きで大きく動く時間帯とほとんど動かない時間帯が存在するのだ。
大きく動くケースとしては重要な経済指標の発表や突発的な高官の発言、地政学的リスクなどが起こった時だ。重要な経済指標の発表時間以外のことはわからないので、トレーダーとして相場に向き合っていると急変は幾度となく経験する。


タイトルとURLをコピーしました